pleroma.chroju.dev

chroju | @[email protected]

大学に通いながらSREのマネージャーをしている人。
#chrojuの週報 で1週間の振り返りを投稿しています。
pleroma.chroju.dev/users/chroju/feed.atom からRSSで購読もできます。

2024年1月27日にデータの誤削除によりアカウントを再作成しています。

iPhone、iPad、MacにApple Intelligenceが登場 - Apple (日本) apple.com/jp/newsroom/2024/06/introducing-apple-intelligence-for-iphone-ipad-and-mac/ あらゆるものにGenAIが統合されていくんだろうな、これから何年かかけて。

週報(2024-06-09) コンテキストスイッチの話とか

今朝更新の『ふつうの軽音部』が良すぎた。前から好きだったけど、どハマリしそう、に変わった朝。

『百年の孤独』は単行本を持っているけど、 文庫版の装丁がかっこよくて 買うかちょっと迷う。金色のスピンとかずるいなぁ。

レファレンスカウンターとChatGPT

検索エンジンの限界というのは「知っていることしか調べられない」ということで、知らない分野についてはそもそも検索キーワードが思いつかなかったりする。そういうときの最適解は図書館のレファレンスカウンターだと思うが、最近その役割をChatGPTに担わせたりしている。GenAIには「正しい情報」を求めることはできないので、正しい情報を探すきっかけを求める感じ。これはだいぶ機能する。

inputの軽重

Audibleをたびたび勧められる。耳から聞いても絶対情報をinputなんてできない、と思って食わず嫌いをしているのだけれど、一方で最近Podcastはたまに聞いている。日経新聞が5分ぐらいでニュースダイジェストを話す「ながら日経」とか、まあ頭に入るというか「ふーん」ぐらいにはなっちゃうんだけど、それでも数日後にその話題を思い出すときはあったりする。

inputの軽重、あまりしっかりinputしなくてもいいだろう、流しでいいから取りあえず目を通そうぐらいのものは「耳」でもいいのかもしれない。Audibleを読書の完全代替として考えるからよくなかったわけで、これはある種の妥協、必要な割り切りなんじゃないかという気がしてきている。

Slackとコンテキストスイッチ

Slackをどれぐらいの頻度で日中見ているか、という話題が会社のチーム内で出た。答えは千差万別だし、これはもうある程度は個人の資質に左右されてしまう。僕も昔はほぼ張り付いていたりしたけれど、それだとSlackを眺めているだけで時間が矢のように過ぎてしまうし、元のタスクに戻ってこれなくなるので最近はやっていない。

コンテキストスイッチが根本的に苦手だという自覚がある。MTGの間が30分空いていたとして、その時間に一仕事はほぼできない。Slackかメールの返信1本がせいぜいで、前のMTGの余韻と次のMTGへのモードチェンジで時間は終わる。

もっと開き直って、コンテキストスイッチをさらに減らしてもいいんじゃないか、とふと思った。会社での役割は4、5種類ぐらいあるが、なんとなくそれを各曜日で割り振るぐらいに。1日のなかでそれぞれの役割の仕事を全部集中してやる、というのは無理だと気付き始めた。そも役割を降りろという話もあるのだとは思うが。

#chrojuの週報

とはいえ、密なやり取りはSlackになるから、GitHub Issueと連動したリスト?を作るのはありかもしれない。

Slack リスト良さそうだなーと一瞬思ったのち、いやでもその会話をGitHub Issue上で書いてほしいかもな……と冷静になる slack.com/intl/ja-jp/blog/news/introducing-slack-lists

ちょうど似たことを考えている。SRE、ミッションが多岐に渡るからもう少し分割していくのはありだと思うのよね。

チームトポロジーの観点で見直すプラットフォーム開発組織 - enechain Tech Blog techblog.enechain.com/entry/team-topologies-based-reevaluation

『ふつうの軽音部』、主人公が所属していた解散済みバンドは「ラチッタデッラ」だし、ガルクラは舞台自体がそうだし、川崎×ロックの機運なのか……?

EKS Best Practices読んでるとRFC1918が説明なしでよく出てくるけど、普通どれぐらいRFC番号って空で言えるものなんだ。3339は言えるが。調べればわかるからみなまで言わないだけなのか? aws.github.io/aws-eks-best-practices/networking/custom-networking/

週報(2024-06-02) 週報の再開

週報の再開

「ぼちぼち週報の型を変えたい」「本当にインクリメントで改善していることって、ここに書けていないことが結構ある。業務に近い内容とかだとなかなか書けない」と4月7日の週報で書いてから長らく間が空いていたが、またやることにした。

具体的な振り返り項目、何をやった、みたいなことはやっぱり駆けないのだけれど、だったら抽象化、一般化した上で書けばいい、という結論に至る。それは最終的にはブログへ到達する文章になるのだろうけれど、その前の、1週間という単位での一旦ざっくりとした抽象化をもって振り返りと為せるのではないか、みたいな。『思考の整理学』では手帖→ノート→メタ・ノートと段階を踏んで着想が抽象化されていったが、ここでは「ノート」の役割に近い。

週報というか、日記の1週間版で「週記」の感覚。今日はとりあえずこれだけ思いついたのでしたためて、来週から本格的にやっていき。

#chrojuの週報

不本意ながらもNew Gearである(Pixel 6aが画面バッキバキになってしまった)

え、Terraform AWS ProviderのベストプラクティスがAWS公式から出てる。

Best practices for using the Terraform AWS Provider - AWS Prescriptive Guidance docs.aws.amazon.com/prescriptive-guidance/latest/terraform-aws-provider-best-practices/introduction.html

Published: 東京建築祭と、「野良・建築祭」と、阿闍梨餅と。 chroju.hatenablog.jp/entry/20240526/tokyo_architecture_festival_2024?utm_source=feed

東京建築祭、結局2日目も来たが、堀ビルと築地本願寺見て終了。中銀カプセルの転用物件見たかったけど、整理券制で大変そうだし断念。

内幸町駅で発煙? 建築祭で堀ビル見てたらガンガン消防車集まってきててびっくりしてる。

東京建築祭、まだ見れてないところがあるから明日も行くか悩む。今日の混雑で結構疲れちゃったな。

明治生命館とか、普段から中は公開されてるけどかなり行列できてて、一方特別展示パネルの方は全然人がいなかったりしてた。

東京建築祭、銀座エリア以外は回ってみたけど、場所によっては「特別公開」と言いつつ「普段から一般公開されている範囲+資料パネルの特別展示」だったりして、ちょっとわかりにくい感はあったな。。

東京建築祭に向かってはみるが、初開催のイベントだしどんなものやら。混雑しすぎてて撤退を余儀なくされるやもしれん。

エディタをころころ変えながら行ったり来たりってのは「あり」なんだと思うけど、集約が面倒になるんだよな。

MacBook Airを学割で買って付いてきたAppleギフトカードでstone買ってみた。最近文字書くの若干億劫になってたけど、環境替えると書きやすくなるなー。

stone-type.jp/

ブラウザ標準の検索をDuckDuckGoにしているからつらい

»